戻る

What's NIPRO?

  • ニプロってどういう会社?
  • ニプロは何をつくっているの?
  • ニプロは何を目指していくの?
  • NIPROの豆知識

ニプロってどういう会社?

世界中の人々のいのちと健康を守るため、3つの事業で医療に貢献している会社です。
医療機器事業/医薬事業/ファーマパッケージング事業

ニプロの創業は1954年。
薬剤を入れるアンプルや錠剤瓶用の硝子管の販売を業としていたところ、販売先のニーズに応えた縁がきっかけとなり、1970年代には点滴器具や注射器などの医療機器を手がけるようになりました。
1980年代には、その後主力製品に成長する人工腎臓透析器(ダイアライザ)の開発・製造に着手。
さらに医薬品分野へと進出し、今日の「医療機器事業」「医薬事業」「ファーマパッケージング事業」という3事業体制を構築しました。
ニプロは今、世界中の人々のいのちと健康を守るため、3つの事業分野での技術開発を推し進めるとともに、それらの技術を融合した新たな製品づくりにも取り組んでいます。

ニプロは何をつくっているの?

医療現場のニーズに応える独創的な製品を開発。

ニプロは、創業以来、技術志向型製品開発を得意とし、医療現場のニーズを見つめながら、医療機器、医薬品、ファーマパッケージング製品、それぞれの分野で多様な製品開発を行っています。

医療機器
透析関連、人工臓器、外科治療用の製品を中心に、さまざまな医療機器を開発しています。
医薬品
注射剤や経口剤、外用剤など多彩な医薬品を製造販売。
製造受託や、医薬原体・中間体の取り扱いも行っています。
ファーマパッケージング製品
ガラス製品を中心に、ゴムやプラスチックなどさまざまな機能素材とそれを用いた医療用部材を取り扱っています。
またこれら3分野の技術を融合させて、医療現場の「利便性」、「安全性」の向上に貢献する独創的な製品づくりにも取り組んでいます。
キット製品
医療機器、医薬品およびガラスやプラスチックなどの容器材料を扱える強みを活かしたキット製品の開発を行っています。

ニプロは何を目指していくの?

世界でつくり、世界に届ける。

世界には、さまざまな事情から十分な医療を受けられない人が数多くいます。
世界中の医療現場に、高品質かつ安価な製品を届けたい。
その強い願いから、ニプロは今、世界各国に製造・販売拠点を設け、医療を必要とする
世界中の多くの人々を対象としたグローバルな事業展開を推し進めています。
人々の「健康でありたい」という願いに応えたい。
「真にグローバルな総合医療メーカー」を目指してニプロは努力を重ねてまいります。

NIPROの豆知識

“NIPRO”の由来は?
「日本(NIppon)」と「製品(PROducts)」を組み合わせて「NIPRO」としました。
世界に通用する日本製品をつくりたいという願いが込められています。
マークは何を表しているの?
NIPROの頭文字Nであり、無限大“∞”をかたどったものです。
価値ある製品・技術を提供し、事業活動を通して社会との共通価値を創造しながら、成長し続けたいという想いが込められています。
CMソングは何ていう曲?
「みんな元気」というオリジナルソングです。
これまでニプロのCMには全てこの曲を使っていますので、この曲が流れると「ニプロのCM!」とすぐに分かっていただけます。

※医療用医療機器・医薬品は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」により、
一般の方を対象とする広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています。

このページのトップへ