NIPRO

一般の皆さまへ

知ってる?NIPRO

腎不全患者の
“いのちのツール”

ダイアライザ
【人工腎臓】

腎臓の機能が低下して「慢性腎不全」になると、「人工透析」を行わなければなりません。
この人工透析に欠かせないのが、腎臓の代わりとなって血液をろ過してくれる「ダイアライザ(人工腎臓)」です。

詳しく見る

ニプロCMギャラリー

ニプロでは、医療の現場で働く方々にエールを送るTV-CMを全国ネットでオンエアしています。
BGMで流れているのは「みんな元気」というNIPROグループのオリジナルソングです。

変わる医療現場篇

詳しく見る

ニプロ 血糖自己測定器

ニプロが販売する血糖自己測定器関連製品の適正使用に関する情報を提供しています。

詳しく見る

NIPROの成り立ち

1947年、戦後間もない激動の時代のさなかに、ニプロの創業者である故・佐野 實は、滋賀県大津市で電球再生事業を興しました。その後、さまざまな苦境を乗り越え、1954年に日本硝子商事(現ニプロ)を設立。
薬剤を入れるアンプルや、錠剤瓶用の硝子管の販売を業としていたところ、販売先のニーズに応えた縁がきっかけとなり、1970年代には点滴器具や注射器などの医療機器を手がけるようになりました。
1980年代には、後にニプロの主力製品となるダイアライザ(人工腎臓)の開発・製造に着手。さらに医薬品分野へも進出し、近年は再生医療分野にも本格参入しました。

社名の由来

「日本(NIppon)」と「製品(PROducts)」を組み合わせて「NIPRO」としました。
世界に通用する日本製品をつくりたいという願いが込められています。