戻る

企業情報 あゆみ(事業の変遷) 創業から現在に至るまでのニプロのあゆみをご紹介します。

1947年~1963年 創業期

ニプロの創業は1947年、電球再生事業でのスタートでした。
その後、1954年に日本硝子商事(株)(現ニプロ(株))を設立し、アンプル用硝子管などの製造販売に着手。医療用硝子製品のほかに、小型電球用バルブや魔法瓶用硝子などを取り扱う一方で、スーパーマーケット事業(後のニッショーストア)にも参入しました。

1947年 創業者・佐野 實(さの みのる)20歳、琵琶湖天然瓦斯(株)の協力を得て滋賀県大津市において電球再生事業を興す。
1950年 滋賀県大津市で、(有)びわこ電球製作所を経営。これを契機として日本電気(株)硝子課(後の日本電気硝子(株))との取引が開始される。
1954年
魔法瓶中瓶の自動加工機械の開発
アンプル加工のオートメーション化
日本電気硝子(株)の西日本地区総代理店となったのを機に、京都市下京区に日本硝子商事(株)を設立。アンプル用硝子管・錠剤瓶用硝子管の販売を開始。
1959年 本店を大阪市大淀区(現北区)に移転。
1960年 滋賀県大津市に大津工場(現滋賀県草津市びわこ工場)を設置し、管瓶・小型電球用バルブ等の生産を開始。
1963年
魔法瓶中瓶の自動加工機械の開発

スーパーマーケット事業開始
魔法瓶用中瓶加工の自動機械を開発し魔法瓶用硝子の販売を開始。
スーパーマーケット事業へ進出。

このページのトップへ