戻る

事業のご紹介 医薬事業

外用剤

いわゆる塗り薬(軟膏・クリーム剤)や貼り薬(パップ剤、テープ剤・TTS※)に加えて、スプレーなどに用いる液剤も提供しています。なかでも貼り薬では、「薄さ」「軽さ」「粘着性能」などに注目。保有する材料技術を活かして、より使いやすい製品を提供しています。
※TTS:Transdermal therapeutic system 薬物が皮膚を通して血流に送達する全身性経皮吸収製剤。

パップ剤

独自の製剤化技術(ポリアクリル酸架橋技術)を開発。薬剤の放出性と皮膚への移行性に優れ、適度な皮膚への粘着力としなやかなフィット感が特長です。

テープ剤

溶剤型テープ剤

膏体に用いる新しいアクリル酸系の粘着剤を開発。肌に優しく、粘着性能に優れた高付加価値テープ剤を開発し、製造することができます。

ホットメルト型テープ剤

ゴム系粘着剤を用いた独自の製剤化技術を開発(特許第5243792)。粘着性や自着性など使用品質に優れています。最新鋭の高性能設備により高品質のホットメルト型テープ剤を製造することができます。

軟膏剤・クリーム剤

良好な展延性と被覆性を有し、肌にやさしい軟膏剤・クリーム剤を開発、製造することができます。

※医療用医療機器・医薬品は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」により、一般の方を対象とする広告が制限されているため、製品名をぼかして表示しています。

<医療関係者の皆さまへ>
より詳しい情報は、医療機器情報サイトにてご覧いただけます。

このページのトップへ