戻る

IR情報 株式・株主関係

利益配分に関する基本方針

当社は、株主の皆さまに対する利益還元を重要な経営施策の一つとして位置づけています。

長期的な視野に立った開発・生産・販売各部門における基盤強化を図り、収益性の向上に努めるとともに、業績スライド制に基づく合理的な利益配分システムを指向しています。

具体的な配当金の計算は、連結配当性向の考えを取り入れており、平成30年3月期につきましては、経過的に単体純利益の3分の2と連結純利益の3分の1の合計額を配当の基礎となる利益額とし、その40%を配当原資とさせていただく予定です。更に今後は、財務体質の強化と安定配当に留意しながら、その後の約5年で、35%を目安として、配当原資の配分率を毎期1%ずつ引き下げていく予定です。

このページのトップへ