すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

乾燥肌や手足の荒れなどの肌トラブルに保湿効果&角質分解効果で注目 「尿素」って何?

肌の乾燥は表面をカサカサにしたり、化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して新陳代謝を遅らせたり、皮膚のバリア機能が低下し、シミ、シワなどのさまざまな肌トラブルの引き金になるのです。まさに「乾燥は肌の大敵」であり、肌のコンディションを大きく左右します。特に冬の乾燥肌が気になる人は、加齢とともに肌そのものが持つ水分や皮脂が減り、肌のトラブルを招きやすくなります。そこで今回は乾燥肌対策などでクリームや化粧品などに繁用されている「尿素」について特集しました。

天然保湿成分として働き、硬くなった角質を柔らかくする

尿素が肌の潤いを保つのは「水素結合」の力と関係しています。水分と尿素は水素結合を介してくっつき合い、混じり合うことができます。要するに水と尿素は非常になじみがいいということです。このため皮膚に尿素クリームを塗っておけば尿素がしっかりと水分子をつかまえ、肌の乾燥を防ぐというわけです。
また尿素は皮膚表面の余分な角質を除く働きもあります。角質を作るタンパク質の分子はCO-NHという構造をたくさん持っており、互いに水素結合することでくっつきあっています。ここに尿素を加えるとタンパク同士の水素結合の間に割り込んでその構造を破壊し、溶かしてしまうわけです。つまり尿素は潤いを保つだけでなく、肌をツルツルにする作用も併せ持っているといえます。
尿素は、肌自身にもNMF(天然保湿成分)として、角層内に保持している成分ですが、微量に含まれている程度です。汗にも微量に含まれています。
尿素の働きには保湿機能とともに、タンパク質を分解する働きがあります。角質はケラチンというタンパク質なので、角質を分解していく作用が働くわけです。
このため尿素はヒビ、アカギレ、シモヤケ、進行性指掌角皮症(主婦湿疹の乾燥型)、老人性乾皮症、魚鱗癬などといった症状に利用されます。
ヒビ、アカギレ、乾燥肌などで困っている時、肌は角質層が乾いて硬くなり、ひどくなると角質が目に見えるほどの大きさに重なった状態でボロボロとした塊で、はがれやすくなっています。
また、角質は次第にはがれやすくなるため、ターンオーバーのサイクルが早くなり、まだ充分に育っていない表皮が角化し始めます。角層の角質は次第に未熟化していき、水分保持力のない乾きやすい肌が進行していきます。そのため通常の肌と比べ、角質層が極端に悪い状態といえます。
尿素を配合したクリーム剤は、角質層の状態が悪い部分には、角質のはがれを促進するのではなく、むしろゆっくりとはがれるように作用します。これは角質を分解する働きが柔軟効果として働くからです。


健康な皮膚

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ