すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.32

必要以上に深刻に考えず、気長に取り組みを 「夜尿症」を考える

夜尿(おねしょ)は、尿をためる膀胱の大きさと、夜間睡眠中に作られる尿量とのバランスが悪く、無意識のうちに尿が膀胱からあふれて下着や寝具等を濡らせてしまう状態をいいます。幼児期は、まだこのバランスが整っていないので、幼児期に見られる夜尿は、発達途上にある生理的な現象と思われ、治療は必要ありません。しかし、5〜6歳を過ぎても頻繁に夜尿する場合は、発達が思うようにいっていないと考えられ、「夜尿症」として生活指導や治療が必要になってきます。夜尿症の子供は、排尿の日内リズムが未熟であるために、夜間睡眠中の抗利尿ホルモンの増加が悪く、尿量の減少が不充分だったり、自律神経のバランスが未熟で膀胱容量の増加が不充分なために、夜間睡眠中に膀胱容量以上に尿ができ、睡眠中に尿意が発生することで、おもらしをすることになります。

夜尿症のタイプ

夜尿症にはいくつかのタイプがあります。夜尿症は、この夜間睡眠中の尿量と膀胱容量のバランスの面から、尿量の多い「多尿型」、膀胱の貯めの悪い「膀胱型」、両者がみられる「混合型」、いずれにも該当しない「正常型」の4つのタイプ(病型)に分けられます。

夜尿症の病型
[多尿型] 膀胱容量:正常 夜間尿量:多い
[膀胱型] 膀胱容量:小さい 夜間尿量:正常
[混合型] 膀胱容量:小さい 夜間尿量:多い
(1)尿量が多い「多尿型」
夜間睡眠中の多尿の原因としては、2つ考えられます。大部分は、夜間睡眠中の抗利尿ホルモン分泌増加の発達が不充分なために尿を濃くする力が不充分で、薄い尿がたくさん出ているものです。一部には、摂取する塩分量(時に蛋白量)が過剰で、濃い尿で夜間睡眠中の尿量の多いものがあります。
(2)膀胱の貯めが悪い「膀胱型」
少ない尿量で膀胱が尿意を生じ、膀胱容量が少なくなっている子供がいます。膀胱容量が昼、夜とも悪いものと、夜間睡眠中だけ悪いものとが半々ぐらいです。
(3)尿量が多くてかつ膀胱の貯めも悪い「混合型」
多尿型、膀胱型の両者の要因を持っているもので、実際には4つの組み合わせが考えられます。治療に時間がかかることが多く、比較的低年齢に多くみられます。
(4)尿量、膀胱の貯めとも正常な夜尿症「正常型」
夜間尿量、膀胱の貯めとも年齢相応なもので、多くは夜尿の自立が近い状態で、夜尿の程度も軽く、早い時期に自立する可能性の高いものです。正常型の特殊な型として夜尿量が極端に少ないもの(少量型)があります。

夜尿症の原因

睡眠中の尿量の減少あるいは膀胱容量の増加が未発達であることが、夜尿症の根本的な原因で、睡眠中に膀胱容量以上に尿が貯まってきて、睡眠中に尿意が発生し、子供は生理的に眠りが深いために、この尿意では覚醒することができずに、夜尿となります。睡眠中の尿量の減少には脳下垂体から分泌されている抗利尿ホルモンが増加する必要があり、膀胱容量が増加するためには自律神経のバランスがとれる必要があります。さらに心理的ストレスや睡眠のリズムも深く関係します。

抗利尿ホルモン

抗利尿ホルモンは、脳の下垂体後葉で分泌されます。このホルモンは、日中は少なく、夜間睡眠中に多量に分泌されるという特徴があります。日中は抗利尿ホルモンが少ないために尿量が多くなり、夜間は抗利尿ホルモンが多くなるため尿量が少なくなります。ところが夜尿症の場合は、夜間にたくさん分泌されるはずの抗利尿ホルモンが少ないため、夜間の尿量がとても多くなってしまうのです。夜尿症の原因の一つとして、この抗利尿ホルモンの夜間における分泌不足があるのです。

心理的ストレス

夜尿は心理的なストレスを受けると悪くなることもあります。例えば、親に厳しく怒られた時、翌朝にしてしまうとか、4月になってクラス編成替えや担任の交代、あるいは「いじめ」などによってストレスが生じると、明らかに悪くなります。このストレスは、抗利尿ホルモンの分泌に影響しています。

睡眠のリズム

以前、夜尿は眠りが深すぎるから生じるとか、おしっこの夢を見てしてしまったとか、眠りの深さや夢を見る睡眠との関係が影響しているといわれてきました。しかし、実際には、軽い睡眠でも、深い睡眠でも、あるいはレム睡眠でも夜尿をしており、睡眠の深さや夢の問題は、それほど関係ないということが分かってきました。一方、夜中に起こして排尿させると、睡眠リズムが乱れて抗利尿ホルモンの分泌が減って、かえって夜尿をすることも分かっています。昔からの早寝・早起きといった健康な睡眠リズムが、夜尿から自立していくために最もよいと考えられています。

夜尿症の原因
遺伝的背景→尿量の日内リズム調整(育児環境・家族関係・友人関係・社会環境)/機能的膀胱容量の発達(トイレットトレーニング・排尿習慣・食事習慣・心理的要因)→夜尿症

Vol.32

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ