すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

毎日の健康は毎日の運動から!

交通機関が発達し、あらゆるものが機械化された今日。そのお陰で、私たちは確かに便利さという恩恵に預かっているわけですが、一方で、その便利さゆえに、体を動かす機会が少なくなっていることは否めず、こうした運動不足の傾向は年齢が上がるにしたがって、顕著に見られます。運動をしないでいると、体力が衰えるばかりではなく、生活習慣病の要因の1つである肥満をはじめ、いろいろな疾病を招く引き金にもなります。それだけに、毎日の健康を保つには、栄養のバランスを考えた食生活もさることながら、毎日の運動も欠かせないといえるでしょう。そこで今回は“運動”にスポットを当て、その効果や、日常生活の中で手軽にできる運動方法なとを探ってみました。

仕事や家事の合間に行える運動法

「仕事や家事に追われ、なかなか時間が取れない」「体を動かすのがおっくうだ」「運動は苦手」など、運動不足の理由はいろいろ。しかし、体力は使わないでいると、どんどん衰退していくばかりです。もちろん、キチンと時間を取って運動ができれば、それに越したことはありませんが、もし、それが無理というのであれば、せめて仕事や家事の合間、もしくは通勤途中や買い物の行き帰りなど、日常生活の中で意識的に体を動かすようにしたいもの。
そこで、普段の生活の中で手軽にできる運動法を紹介します。

通勤途中・買い物の行き帰りに

なるべく歩く

持久力をアップ


エレベーターやエスカレーターは利用せず、極力、階段を使う。また、電車やパスに乗ったら座らず、足踏みなどをする。

持久力や脚の筋力を強化


仕事の合聞に
立った状態で

つま先立ちになってかかとを上げたり下げたりする

ふくらはぎの強化やむくみ解消


足を前後に開いて前側の足に体重をかけ、ふくらはぎを伸ばす

足首の柔軟性向上や疲労回復


軽くひざを曲げて、つま先を交互に上げ下げする

すねの部分の筋力強化やむくみ解消


椅子に座った状態で

体をひねる

腰周辺の筋肉の疲労を取る


頭の上で曲げた片方のひじを、もう片方の手で軽く引っ張る

肩周辺の柔軟性アップや肩こり予防


家事の合聞に

タオルを両手で持って、軽くひじを曲げたまま、片方の腕でもう片方の腕を真横に持ち上げる

肩の筋力強化、肩こりや四十肩の予防


体の後ろ側でタオルを両手に持ち肩甲骨を寄せ合うようにしながら全力で引っ張り合う

肩周辺の筋力強化


情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ