すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.63

季節を感じ体の中から健康に 「春が旬の食材」を食べよう

4月は会社や学校などで1つの区切りとなる月であり、心身ともに疲労がたまりやすくなる時期。そこで今回のすこやかネットは、このような時期に体の中からの健康を考え、「春が旬の食材」にスポットを当てました。

旬の食材のメリット

① 栄養価が高い
旬の食材は、自然の恵みを受けて育ってきたものなので、人工栽培や人工飼育されてきた食材よりも栄養価が高くなります。
② 財布にやさしい
旬の食材は「その時期にたくさんとれるもの」でもあるため、流通量が増えて単価が安くなるので財布にやさしいです。
③ 環境にもやさしい
人工栽培や人工飼育を行う時は施設の整備、電気などのエネルギーなどが必要となりますが、自然の恵みを受けて育つ旬の食材はこれらが必要なく、環境にもやさしいのです。

つぎに野菜編、果物編、魚介類編の3つに分け、春が旬の食材を紹介していきますが、数ある食材のうち、特長的な成分を含んでいたり、特定の栄養成分を多く含んでいたりする食材をそれぞれ3つピックアップしました。

野菜編

フキノトウ
…フキノール酸が花粉症に有効
ポリフェノール類のフキノール酸、アルカロイド、ケンフェロール、ミネラル類のカリウム、カルシウム、ビタミン類ではビタミンB群、ビタミンC、β―カロテンを豊富に含んでいます。
フキノール酸とは、フキノトウやフキに含まれている栄養成分で、血液の中のヒスタミンの量を減らし、花粉症や咳止めに効果があるとして、近年注目を浴びています。
グリーンアスパラガス
…アスパラギン酸で疲労回復
アスパラギン酸、ルチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、β―カロテン、亜鉛、銅、鉄などを豊富に含んでいます。
このうち、アスパラギン酸は代謝を高める働きがあるため、疲労回復に効果があります。さらに、ルチンは血管の強化や血流の改善などの働きがあります。
春キャベツ
…ビタミンUが胃を保護する
ビタミンU、ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維を豊富に含んでいます。
この中で特に注目したいのはビタミンU。キャベツから抽出されたことから「キャベジン」とも呼ばれますが、胃酸の分泌を整え、胃粘膜の修復を助けてくれるほか、近年の研究では新陳代謝を高めることが分かっています。

果物編

イチゴ
…抗酸化作用のあるビタミンCが豊富
食物繊維、葉酸、少量ながらもアントシアニンを含んでいますが、ビタミンCの豊富さがイチゴの特長。5粒ほどで必要とされるビタミンCの1日摂取量 (100mg) をクリアするといわれています。
ビタミンCは免疫力の強化、抗酸化作用、皮膚・骨・血管を強くする働きがあり、かぜ・貧血・高血圧の予防や、美肌効果が期待できます。
夏ミカン
…クエン酸の効果で疲労回復
イチゴと同様、ビタミンCを豊富に含んでいますが、特長的なのは酸味のもとである「クエン酸」の豊富さ。
クエン酸は、体内で疲労物質・乳酸の生成を抑制する働きがあり、疲労回復に効果があります。
メロン
…カリウムが豊富で高血圧予防
メロンもビタミンCを多く含み、このほかビタミンA、食物繊維、カリウムも豊富です。
この中でもカリウムの量が多いのですが、カリウムは高血圧やむくみを予防するほか、筋肉でエネルギーを生み出す重要な栄養素です。

魚介類編

イワシ
…サーデンペプチドが血圧を正常に
イワシは、DHA (ドコサヘキサエン酸)、EPA (エイコサペンタエン酸)、カルシウム、ビタミンDをほかの青魚よりも多く含んでいます。
また近年注目を集めているのがイワシに含まれる「サーデンペプチド」という栄養成分。イワシペプチドとも呼ばれるもので、血圧が高ければ下げて、低ければ上げるといった、血圧を正常な状態に戻す働きがあります。
ハマグリ
…タウリンで肝臓の機能を高める
カルシウム、鉄、マグネシウムなどミネラル類が豊富で、特にカルシウムの量が多いです。またビタミンB12やタウリンも多く、タウリンにおいては二枚貝の中でも最も量が多いです。
タウリンは、特に肝臓の機能を高める働きに優れており、血圧・コレステロール・血糖値を下げる働きもあります。
モズク
…豊富なフコイダンで免疫力向上
モズクに多く含まれる栄養成分で注目したいのはフコイダンです。ビタミンやミネラル類も含まれていますが、その量はあまり多くありません。
フコイダンは、免疫力の向上、肝機能の向上、コレステロール・血糖値を下げる、胃潰瘍の予防、抗アレルギー作用、抗菌作用、育毛作用など健康に対する多くの効果がさまざまな研究によって確認されたり、期待されたりしています。

Vol.63

情報提供:(株)家庭薬新聞社TEL076-442-3815(代)

※病気の治療や改善方法など医療行為に該当するご質問やお問い合わせ、医療機関のご紹介にはお答えしかねますので予めご了承ください。

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ