すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.60

各種栄養成分を豊富に含む完全食品『牡蠣エキス』の効用を考える

牡蠣は欧米で 「海のミルク」 とも呼ばれ、栄養価が高いことで知られています。その生牡蠣を煮出し、濃縮したものが 『牡蠣エキス』 で、良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、滋養強壮に役立てられてきました。中でもタウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量が傑出しているのが特徴で、これらの成分が体内で有効に働きます。

牡蠣エキスの3大栄養成分

牡蠣が他の貝類や食品に比べ、なぜ栄養成分が豊富なのかは詳しく解明されていません。ただし、牡蠣は海中で移動することがなく、どんな環境下でも、じっと止まっているので、海のあらゆる栄養素を吸収して貯えているのではないかと推測されています。
牡蠣の栄養成分の中でも代表的なタウリン・グリコーゲン・亜鉛の働きは次のとおり。

タウリン...健康維持に大切
タウリンとは、体内でさまざまな役割を果たすアミノ酸の一種で、ドリンク剤などによく配合されています。カキ・イカ・タコなどの表面のヌルヌルした海産物をはじめ、母乳などに多く含まれています。肝臓の代謝機能の改善、血圧の正常化、血中コレステロール低下、網膜細胞の賦活(ふかつ)に有効で、疲労時の体力回復や気力回復にも用いられます。
グリコーゲン...効率よいエネルギー
普段、私達が食べた糖質は消化吸収され血液中に入り、膵臓から出るホルモンの働きで一度グリコーゲンとして肝臓に蓄えられるとともに、必要に応じて活動のエネルギーとして使われます。牡蠣にはグリコーゲンがそのまま使える形で含まれているため、摂取後直ちに体内に吸収されて筋肉や肝臓などに貯蔵され、必要に応じて即効性のエネルギーとなるので、大変効率が良いといえましょう。活力を高めて精がつく、血行が促進される、スタミナ維持に役立つなどの効用が期待されます。
亜鉛...タンパク質の合成や骨の発育に欠かせない必須ミネラル
亜鉛はタンパク質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラル。インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など、生体反応に欠かせない微量ミネラル元素です。亜鉛が欠乏すると、成長発育障害や貧血、性器発達不全などを呈し、軽度のものでは、食欲不振、味覚異常、皮膚障害などが見られます。

こんな症状があれば亜鉛不足かも。 牡蠣エキスがサポート

  • 肌荒れ 亜鉛が不足すると細胞の分裂や再生がうまく行われなくなり、肌が荒れてきます。シミやそばかすも目立つようになってきます。
  • 抜け毛 亜鉛が欠乏すると髪の毛の成長が遅くなり、細くなって切れ毛や抜け毛を起こすことになります。
  • 貧血・立ちくらみ 亜鉛不足が慢性化すると貧血が起こりやすくなるほか、血圧調整がうまくいかなくなり立ちくらみの原因になります。
  • 爪の変形・変色 亜鉛が欠乏するとたんぱく質の合成がうまくできなくなるため、爪の伸びが遅れたり、割れやすくなったりします。
  • 二日酔い アルコールを分解するアルコール 脱水素酵素は、亜鉛がないとうまく働きません。そのため亜鉛が不足すると二日酔いになりやすくなります。

若さを保ち健康寿命を伸ばすー「牡蠣エキス」に期待される働き

  • 解毒作用促進、老廃物・毒素を排泄し、
    分解する 肝機能促進作用 疲労回復、新陳代謝促進、
    体質改善、肝臓病予防
  • ホルモンバランスの改善 内分泌調整作用 成長を促し、傷を早く治す
  • 血液をサラサラにして血流を促す 血液循環改善作用 高血圧、生活習慣病の予防、
    冷え症の改善、動脈硬化の予防
  • 老化を防ぎ、若々しさを維持 健康な体の土台づくり 体の機能を調節する
    細胞膜を正常化、活性酸素除去

Vol.60

情報提供:(株)家庭薬新聞社TEL076-442-3815(代)

※病気の治療や改善方法など医療行為に該当するご質問やお問い合わせ、医療機関のご紹介にはお答えしかねますので予めご了承ください。

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ