すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

「胃がもたれる」、「胃がはる」、「食欲がない」、「吐き気がする」など、胃の不調サインを見逃していませんか?

私たちは生命の維持に必要な栄養素を食事から摂取しています。栄養素を体内に取り込む上で、胃の働きが重要ですが、胃は体調やストレスの影響を受けやすい、とてもデリケートな臓器であり、胃の不調は私たちの健康に重大な影響を与えます。胃がもたれる、重く感じる、キリキリする、胸やけがする・・・など、胃の不快症状の表現方法は数多く、胃は他の臓器に比べて自覚症状を多く発する臓器といえるでしょう。胃が発する不調のサインを正しく理解し、早めに対処することで胃の健康を保ちましょう。

夏の胃腸トラブルに注意!食べ過ぎ・飲み過ぎで下痢、食欲不振などに

暑い日の冷たいビールやジュース、またアイスクリームなどは夏の楽しみの一つ。しかし、暑いからと、ついつい冷たい物を摂り過ぎると、外気の暑さに反して体の中は冷え切ってしまい、下痢や食欲不振などの胃腸のトラブルが起こります。また、暑さ負けしたり、冷房による室内外の温度差で体温調節が難しくなる人が増えています。この結果、食欲不振や全身倦怠感などが起こったりすることもあります。特に暑さで体力を奪われやすい夏は、栄養バランスのよい食事をしっかり摂る必要があります。

胃が冷えて機能が低下し、消化不良や下痢の原因に

夏は一年で一番暑く、陽気がもっとも盛んになる季節です。特に日本の夏は暑さに加えて湿度も高く、このために夏は大量の汗をかき、体内の水分が失われがち。これを補うために冷たい飲み物の摂取が多くなりますが、冷たい水やジュース類ばかり飲んでいると、胃が冷えて機能が低下し、消化不良や下痢の原因となります。
冷たい飲食物は、胃腸の働きを鈍くさせます。その摂取が大量であったり、長期的であったりすると、腹痛や嘔吐、下痢などが発生し、さらには夏かぜや疲労倦怠感の原因になります。

夏には夏の食べ物を

夏は熱を冷まして暑気を払う清熱作用のある食べ物、特に夏が旬であるスイカ、メロン、トマト、ナス、カボチャ、キュウリなどが最適。夏野菜には水分が多く、ビタミンやミネラルも補給できます。

酢の健康パワーに注目

最近、酢の効用が注目されています。料理に使うことで健康によいのはもちろん、安心して使える上に効果も抜群。さっぱりとした酢の香りは、食欲を誘い、消化吸収を高める効果があります。酢に含まれるクエン酸などの有機酸は、疲れの原因になる乳酸を分解し、疲労回復にも効果的。食欲不振などで夏バテの時は、酢の酸味が胃液の分泌を促進し、成分であるクエン酸が消化吸収を助けてエネルギーの利用効率を高めます。


生活環境の変化で1年を通して多い食中毒:かぜや寝冷えなどと間違われるケースも

「食中毒」といえば、一般的に気温が上がる夏場を中心に起こりやすいとされていますが、最近は暖房の完備、冷蔵庫への過信等からか1年を通して起こっており、油断すると思わぬ落とし穴があります。食中毒は飲食店などで集団発生することが多いと考えられがちですが、家庭の食事でもしばしば発生します。家庭で発生した食中毒は、症状が軽かったり、発症する人が少ないことから、かぜや寝冷えと間違われがちであり、時には食中毒と気付かないために、さらに広がったり、重症化することもあるので注意が必要です。

かぜとよく似た症状を招く食中毒菌

サルモネラ菌

症状は吐き気・腹痛(ヘソ周辺)・38℃前後の発熱・下痢など。大抵は点滴や抗生物質の投与で回復。かぜと症状が似ており、見過ごしやすいので要注意。

ノロウイルス

症状は吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などで、時には発熱、頭痛、筋肉痛を伴う。以前は『お腹のかぜ』、『お腹のインフルエンザ』などと誤解され、インフルエンザ様疾患といわれていた。

病原性大腸菌O-157

症状は発熱・激しい腹痛・水溶性の下痢・血便・吐き気・嘔吐など。初期症状がかぜに似ているため、見過ごされやすいので手遅れにならないよう要注意。(特に抵抗力の弱いお年寄りや子供が感染すると、溶血性尿毒症症候群などの合併症を起こしやすいとされる)

カンピロバクター

症状は発熱・頭痛・下痢・腹痛などで、通常1週間ほどで回復し、比較的軽症のため、かぜやインフルエンザなどと誤解されることがある。カンピロバクター食中毒の原因となりやすいのは、加熱が不充分な鶏肉料理(鳥の刺身など)や鶏肉を扱った調理器具をよく洗わずに使用して作ったサラダなど。症状が出るのは比較的遅く、時には食べてから2~3日(長い時は7日)も経ってから、下痢、発熱などのかぜのような症状が現われることも。

体の抵抗力が弱いお年寄りや子供は要注意

体の抵抗力が弱い子どもや高齢者は、少量の菌やウイルスでも発症し、しかも重症化しやすいとされています。子どもや高齢者がいる家庭では、食中毒が起きないよう、特に注意が必要。子供から、吐き気や嘔吐、下痢、発熱、唇の痺れなどの訴えがあったら、食中毒が疑われるケースもあり、同じ食事をした人に同様の症状があれば、より食中毒の可能性が高くなります。潜伏期間や症状は食中毒の原因によって異なり、かぜなどと区別できない場合は、自己判断せず、速やかに病院で相談を。

平成19年原因物資別食中毒発生状況(厚生労働省統計より平成19年原因物資別食中毒発生状況(厚生労働省統計より

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ