すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.37

健やかとキレイを応援する「プラセンタ(胎盤)エキス」 根強いロングセラーの健康美容素材

「プラセンタ」とは日本語で「胎盤」という意味で、胎児の発育成長に必要不可欠な、哺乳動物のメスが妊娠した時に持つ特殊な臓器のことです。胎盤は円盤状をしていて、胎児の成長とともに大きくなり、ヒトの場合、妊娠末期には直径約15~20センチ、厚さ2~3センチくらいになり、約10ヵ月で小さな受精卵から一人の乳児となるまで育てる驚異的な機能を持っています。このような驚異の機能を持つ胎盤の優れた栄養素を凝縮したプラセンタエキスには、美容や健康に有用な各種の必須アミノ酸、ペプチド、ビタミン・ミネラル類など生理活性に作用する成分がバランスよく豊富に含まれており、その効用は血行をよくし、免疫機能を高めて弱った体力・疲労の回復に働くとされており、今日も根強い人気を誇っています。今回はプラセンタエキスを特集しました。

こんな方に
1.病気ではないものの、疲れやすい・肩がこる・だるい・かぜをひきやすい・長年の偏頭痛など、何となく体調が優れないということでお困りの方
2.体力・精力の衰えが気になる方
3.冷え症の方・末梢循環障害のある方
4.肌荒れ・シミ・くすみ・顔色が悪いなどの症状でお悩みの方、老化の予防や若返りを考えている方
4.お酒をよく飲む方

プラセンタに期待される働き

1. 末梢血管・
血行促進作用
毛細血管の血液循環を促進し、血流を増加させる。
2. 呼吸促進・
細胞賦活作用
細胞や組織の呼吸を促進すると同時に、欠損細胞の回復を促進する。
3. 抗炎症作用 紫外線の刺激による炎症や火傷(やけど)の炎症を抑えると同時に、壊れた組織の修復を促進する。体内における炎症や潰瘍などにも同じ働きをする。
4. 肉芽形成促進作用 火傷(やけど)、損傷、傷、術後の傷、潰瘍、炎症などの回復を早めると同時に、欠損した細胞組織を復元する。
5. 活性酸素除去作用 病気を誘発する活性酸素を除去し、酸化を防ぐ。
6. 細胞分裂増殖作用 細胞分裂を促し、加齢とともに低下する細胞を再生する作用に優れる。
7. 血液凝固抑制作用 血液をサラサラにする。
8. 鎮痛作用 痛みを抑える。
9. 免疫賦活作用 目に見えない外敵から身を守り、人間の免疫の機能を活性化する。
10. 美肌効果 直接メラノサイトに働きかけて、メラニン色素を排出し、同時にしみの原因となるメラニン色素が作られるのを抑制することで美白効果が期待できる。
11. ホルモンバランス
調整作用
ホルモン分泌のバランスがとれ、エストロゲンの分泌を促進し、生理不順、更年期障害、肌荒れ、にきびなどが改善される

これらの作用の結果、肩こりや神経痛などの症状の緩和、自律神経失調症や更年期障害治療への応用に加え、肌荒れや美白など美容面での効果が期待されています。

Vol.37

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ