すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.28

冷房、ストレス、寝不足、肌の露出、冷たい飲物・食品の摂り過ぎなど 「夏の冷え」対策を探る

梅雨が過ぎれば夏本番。しかし、この時期は冷房の影響で室内外の温度差が著しく広がるため、1年の中でも体の冷えが気になる季節です。冷房による冷えが気になっても、戸外の暑さのせいでつい忘れてしまいがちですが、この時期の冷え対策はとても重要なのです。夏は過剰な冷房に加え、冷たい飲み物や食べ物を摂る、肌の露出が増えるなど、体を冷やす要因が数多くあり、体温の調節機能を狂わせます。特に注意したいのが冷えの自覚がない「隠れ冷え症」の人で、体調を崩す原因にも。生活習慣を見直して冷えない体をつくりましょう。

自律神経の乱れで血管が縮んで冷える

暑い時は副交感神経が血管を拡張し、発汗を促して体の熱を放散させようとする
冷風にあたると交感神経が働いて血管を収縮させ、発汗を抑制し、体温の下がりすぎるのを抑える
この交感神経・副交感神経のバランスが崩れて、冷えをもたらす

「夏の冷え」の最も大きな要因となっているのが冷房の利き過ぎ。そもそも人間の体は、暑い時には体表に近い血管を広げて体の熱を放出し、逆に寒い時には血管を収縮させて血液を体の深部に集め、熱を逃さないように働きます。このような反応をコントロールしているのが自律神経の働き。ところが、体が反応できる範囲を超えた温度差のある環境にいると、自律神経がうまく機能しなくなります。
人間の体が無理なく対応できる1日の温度変化は7℃前後とされていますが、現代の日本の夏は冷房の完備で屋内外の温度差がそれ以上になることが多く、体温を調節する自律神経が混乱し、冷えをもたらすとされています。
冷房の利き過ぎによって、寒いと感じた時には収縮した血管が戻りにくくなり、手足の先などの末端部分だけでなく、お腹や背中、首なども冷えてしまうことになります。

特徴の1つは足のむくみ

夏の冷えの大きな特徴は「足のむくみ」。足の筋肉が少ない女性が、冷房の利いた室内で座りっぱなしでいると、足下の冷気が足先から熱を奪うだけでなく、血液などの体液を押し戻す力が足りないために余分な水分がたまってしまい、むくんでしまうのです。

冷たい飲み物・食べ物も体を冷やす

冷えの自覚がないまま冷たい飲み物や食べ物を摂り続けると、血液の流れが悪くなり、夏でも汗をかきにくく、水分代謝が悪くなります。その結果、老廃物や毒素がたまりやすい体になってしまいます。また、むくみやめまい、頭痛、肩こり、尿のトラブルなど、さまざまな不調を引き起こす原因にもなります。

ストレスや夜更かしも原因に

精神的ストレスや夜更かしも冷えの原因になります。ストレス過多で血管の働きを調整する自律神経に乱れが生じ、冷え症になるケースもあるようです。夏は睡眠リズムが変化し、ただでさえ寝不足に陥りやすい時期であり、それに日中のクーラー冷えと寝室の蒸し暑さが加わって、さらに睡眠を妨げます。特に昼間のストレスが発散できないまま夜を迎えたり、夜更かしを繰り返していると、自律神経は寝る直前まで緊張状態となり、やがて冷えを招くということにもなりかねません。

「隠れ冷え症」は要注意

冷房の利きすぎで特に注意したいのは、自分の体の冷えを自覚していない「隠れ冷え症」の人。もともと冷えの自覚がないので、夏になると外が暑いために冷え症であることを感じにくいのです。このため薄着をしたり、体を冷やす食べ物や飲み物を摂り続けることになり、知らず知らずのうちに症状を悪化させてしまうのです。夏でも手足が冷えやすい人はもちろん、お風呂に入ると体が楽になるという人も、冷え症を疑ってよいでしょう。
冷房による冷えは肩こり、頭痛、腰痛などから自覚し始めることが多いとされており、体がだるい、食欲がないといった不調があるなら、冷えが関係しているかもしれません。

チェックポイント

体が冷えるとこのような症状が…(冷えからくる血流の滞りは、さまざまな不調を招く原因に)
頭・首・肩・上背部:頭痛、鼻炎、ぜんそく、肩こり
上腹部:胃痛、腹痛、食欲不振
下半身・腰痛:足腰の冷え、坐骨神経痛、むくみ
全身症状:だるさ、神経痛、イライラ、不眠症、かぜをひきやすくなる、微熱がつづく
(1)日中は冷房の利いた室内でデスクワーク。
寝る時も冷房をつける
夏冷えをもたらす
(2)夜更かしが多く就寝時間や起床時間がまちまち。
ストレス過多
血管が緊張状態で冷えを招きやすい
(3)冷たい飲み物や食べ物をよく摂る
体を内側から冷やす上に、むくみの原因となる
(4)肌が露出する服を着ることが多い
内臓を守るため、末梢の血管が収縮し、手足が冷え、やがて全身に広がる
(5)入浴は湯船に入らずシャワーで済ませることが多い
冷えた体を芯から温めるには、湯船につかることが大切
(6)特に運動はしていない
適度な運動は体を効果的に温める
(7)冷房の利いている屋内と暑い屋外との出入りが激しい
自律神経の働きが乱れ、血管の緊張状態が続き、冷えを招く

Vol.29

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ