すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.17

リラックスタイムを彩る薬湯の効果

入浴は1日の疲れを癒す最高のリラックスタイム。昔からの日本人のお風呂好きを挙げるまでもなく、ストレス社会にどっぷりと浸かった現代人にとって、入浴は明日への活力をよみがえらせる貴重な時間であり、ゆっくりと楽しみたいものです。お風呂は単に体を洗うだけの場所から、心身ともリラックスする場所へ、生活レベルの向上に合わせて、バスルームの拡充、充実を図る家庭が増えています。最近はお風呂の効果やリラックス効果をより高めるために、自然素材を利用したり、入浴剤を入れたりして、バスタイムをエンジョイする人が増えています。

効果的な入浴方法

日本人は昔からお風呂好き

日本人は昔からお風呂好きとされています。現在、日本の各家庭には内湯が行き渡り、ほとんどの人が毎日、入浴しています。日本人がお風呂好きな理由として、日本式湯船に浸かって体を芯から心地よく温めてくれることで、『気持ちよい』と誰もが感じることが挙げられます。 入浴することで、単に汚れや汗を洗い流して体を清潔にするだけでなく、体がよく温まることで、全身の血液循環がよくなり、新陳代謝を活発にして、疲労回復だけでなく、自然治癒力(免疫力)の強化にも役立ちます。ストレス社会の現代では、1日の疲れを癒してリラックスすることができるお風呂は、毎日の生活に欠かすことができません。

入浴が体に与える有益な作用

静水圧(湯船に入った時の水圧)効果

(1)ストレッチ効果
(2)心臓や肺への負荷増大

浮力効果

(1)運動機能の改善
(2)リハビリ効果
(3)筋肉への負担軽減

温熱効果

(1)血行促進
(2)自律神経の刺激
(3)血管の拡張(ぬるめのお湯)と収縮(熱めのお湯)


Vol.17

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ