すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

軽く考えていませんか?「タバコの健康被害」

日本における喫煙者の数は年々減り続け、一時期4000万人近くいた喫煙者数は現在、3000万人を大きく下回っています。
厚生労働省の調査によると、日本人の喫煙率は平成20年で21.8%となっており、男性は36.8%で、40歳代が最も喫煙率が高く51.9%、一方、女性の喫煙率は9.1%で、20歳代が14.3%、30歳代が18.0%と、若い世代で喫煙率が高くなっています。なお、全体の喫煙率は年々減少していますが、年代によって差はあるものの、男性の喫煙率が大きく減少している反面、女性はほぼ横ばいとなっています。
喫煙は「百害あって一利なし」といわれるほど害の多い嗜好品。さらに、依存性も強いため、一度吸い始めると簡単には止められないのも事実。そこで今回のすこやかネットは、「喫煙」にスポットを当て、特に妊娠・出産、美容に関心の高い女性への影響を中心として、喫煙の害を紹介していきます。

禁煙するその前にタバコ依存症を知ろう!

習慣的な喫煙により、タバコを吸いたいという気持ちの上での依存、つまり、「身体的・精神的」な依存が深まることにより引き起こされる症状を「タバコ依存症」といいます。
タバコがないと、イライラしたり、落ち着きがなくなったりし、吸う本数や喫煙間隔が短くなったりと、自分の意思とは別に、無意識下においてタバコを欲するようになり、体に害を及ぼすことを分かっていながらもやめられないようになってしまいます。
また、厚生労働省が喫煙者に対して行った調査結果では、喫煙者の50%強がタバコ依存症であるとし、未成年時に喫煙を開始したなど、早い時期に吸い始めた人ほどタバコ依存症に陥りやすいとの結果も出ています。下記のタバコ依存症チェック10項目の内、5項目以上に当てはまる人は、タバコ依存症とみなすとのWHOの基準があります。ぜひ参考にしてください。

タバコ依存症チェック(WHO診断基準を準拠)

  • (1)自分が思うよりもたくさんのタバコを吸ってしまったことがありますか
  • (2)禁煙、減煙をしようとして途中で断念してしまったことはありますか
  • (3)禁煙、減煙をした際に、タバコが欲しくて仕方がなくなることがありましたか
  • (4)禁煙、減煙をした際に、イライラしたり、落ち着かなくなったり、集中力が落ちたり、頭痛、眠気、手が震えるなどの症状が出たことがありますか
  • (5)(4)の症状をなくすために、またタバコを吸い始めてしまったことがありますか
  • (6)重度の病気にかかっていて、タバコは良くないと分かっているのに吸うことがありますか
  • (7)タバコのために健康問題が起きていると分かっていても吸うことがありますか
  • (8)タバコのために精神的問題が起きていると分かっていても吸うことがありますか
  • (9)自分はタバコに依存していると感じることがありますか
  • (10)タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることがありましたか

禁煙への成功の道を探る

減煙などせずに、きっぱりとやめる

禁煙する日を具体的に決める

  • ・盆や正月など禁煙開始日の前を休みにする
  • ・誕生日、結婚記念日など、自分にとって特別な意味のある日を選ぶ

禁煙の理由を確認する

禁煙を成功させるためには、禁煙への意欲を高めることが重要です。
部屋中に禁煙の貼り紙を貼ってみたり、禁煙したいと思う理由も書き出してみるのも効果的です。

離脱症状と対処法

禁煙すると、人によって程度の差はありますが、さまざまな離脱症状(禁断症状)が出てきます。この症状は、体からニコチンが抜け出すために起こるもので、症状は禁煙2〜3日がピークで徐々に消失してきます。
離脱症状の対処法としては、冷水・熱いお茶を飲む、深呼吸をする、ノンシュガーのガム・干し昆布を噛む、無理にならない程度の軽い運動をする、睡眠を充分にとるなどがあります。
ほかには、ニコチンを補充することにより、離脱症状を緩和するためのニコチンガムやニコチンパッチなどがあります。以前は処方せんがなければ手に入れることができなかったニコチンガムなどが店頭で購入できるようになり、より禁煙成功への道が広がりつつあります。

吸いたい気持ちをコントロールする

  • ・灰皿やライターなどを処分する
  • ・タバコが吸いたくなる場所を避ける(喫煙所、酒の席)
  • ・コーヒーやアルコールを避ける
  • ・冷たい水、熱いお茶などを飲む
  • ・干し昆布やシュガーレスのガムを噛む

自分自身の喫煙のパターンを知る

自分の喫煙行動を観察し、何時にどこでタバコを吸った、1日トータルで何本吸ったなど、詳細に記録してみると自身の喫煙パターンがよく分かり、禁煙をするのに参考になります。(起床時、就寝前、毎食後、ストレスを感じた時など)

肥満を予防する

禁煙すると、口寂しくなり、食べ物をたくさん口に運んでしまい、結果、体重が増えてしまうことがあります。
腹八分目にする、薄味であっさりした食事にする、無理なくできる散歩や食事をするなど、体重のコントロールをするように心がけましょう。

じっと我慢するのは止める

何もせずにただじっと我慢するのは禁煙するためにはマイナスの要素となります。
よって、体のどこかを絶えず動かすようにしてください。囲碁や将棋、チェスなどはじっと考え込み、体を動かすことがなくなるので禁煙中は控えるようにしましょう。

禁煙継続のために心掛けること

  • ・タバコの害についての知識を持つ
  • ・禁煙しようと思った理由や禁煙中の努力を思い浮かべる
  • ・禁煙してよかったこと(体調がよくなった、頭がスッキリすることが多くなった等)を考える
  • ・気持ちを張り過ぎず、気楽な気持ちで禁煙をつづける
  • ・1度でも禁煙できたのなら、そのことを自信に持つ
  • ・周りの人(職場の同僚、友人、家族、親戚など)に禁煙を勧め、実体験を話すようにする
  • ・1度禁煙をしても、ふとしたきっかけで喫煙を再開してしまうことがあるので、あきらめずに何度でも挑戦する。
    ネバーギブアップの精神が、禁煙成功のカギとなる
  • ・禁煙クリニック(禁煙外来)に通ってみる
世界禁煙デー

昭和62年(1987)5月の第40回WHO(世界保健機構)総会において、WHO発足40周年目に当たる昭和63年(1988)4月7日を「世界禁煙デー」とすることが決議されました。
さらに平成元年(1989年)5月の第42回WHO総会において同年以降毎年5月31日を「世界禁煙デー」とすることが決議されました。
WHOでは「世界禁煙デー」を、喫煙者に対して喫煙を控えるよう呼びかけるとともに、各国政府、自治体、団体、個人に対して喫煙と健康の問題の認識を深め、適切に実践するよう求める日である−としています。
日本では、厚生労働省が平成4年から世界禁煙デーに始まる1週間を「禁煙週間」と定め、各種の週間行事を実施しています。
また、平成12年から推進している「健康日本21」において、タバコ対策が、ガン、心臓病、脳卒中、糖尿病、歯周病などの生活習慣病の予防を実効性あるものにするための重要な柱であることから、(1)喫煙が及ぼす健康影響についての充分な知識の普及(2)未成年者の喫煙の根絶(3)公共の場や職場での分煙の徹底および効果の高い分煙についての知識の普及(4)禁煙を希望する者に対する支援プログラムの普及−について具体的な目標を立てて推進しています。

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ