すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

軽く考えていませんか?「タバコの健康被害」

日本における喫煙者の数は年々減り続け、一時期4000万人近くいた喫煙者数は現在、3000万人を大きく下回っています。
厚生労働省の調査によると、日本人の喫煙率は平成20年で21.8%となっており、男性は36.8%で、40歳代が最も喫煙率が高く51.9%、一方、女性の喫煙率は9.1%で、20歳代が14.3%、30歳代が18.0%と、若い世代で喫煙率が高くなっています。なお、全体の喫煙率は年々減少していますが、年代によって差はあるものの、男性の喫煙率が大きく減少している反面、女性はほぼ横ばいとなっています。
喫煙は「百害あって一利なし」といわれるほど害の多い嗜好品。さらに、依存性も強いため、一度吸い始めると簡単には止められないのも事実。そこで今回のすこやかネットは、「喫煙」にスポットを当て、特に妊娠・出産、美容に関心の高い女性への影響を中心として、喫煙の害を紹介していきます。

副流煙が周囲に与える影響

タバコの煙は、喫煙者が吸う主流煙と、タバコの先の火がついているところから出ている副流煙の2種類から成り立っています。
この副流煙には、主流煙に比べ、約2〜3倍の有害物質を含んでいます。アンモニアなどの刺激物質は、何と約70倍以上も含まれているそうです。
受動喫煙では、本人が気をつける、気をつけないに関係なく、副流煙を呼吸により肺の奥深くまで吸い込んでしまうのです。
くわえタバコや、隣の人がタバコを吸っていて、鼻や目が痛くなったという経験があると思います。これは、先にも述べたように副流煙には主流煙の何倍もの有害物質、刺激物質が含まれているからです。また、タバコを吸っていない人でも、副流煙を吸い込むことにより、喫煙者と同じ害を受けることになります。むしろ、主流煙よりも副流煙の方がより多くの有害物質を含んでいますので、喫煙者よりも頭痛、のど・目の痛みを訴える人が多いという話もよく聞きます。
タバコのケースにも書いてありますが、喫煙のマナーというのは、歩きタバコや、ポイ捨てだけを指すのではなく、非喫煙者の身体のことも考えてタバコを吸うことも含まれるのではないのでしょうか。
社会常識あっての喫煙です。

禁煙して病気の症状が改善?

タバコをやめて病気の症状が改善されることが多々あります。
例としては、「せきやたんが出なくなった」「血圧が下がった」「胃腸の調子が良くなり、便通が良くなった」などです。もちろん、肺ガンの発生率も減少しますし、それに伴う死亡率も低下してきます。 では、ここで絶対にタバコを吸ってはいけない病気を紹介します。

●狭心症、心筋梗塞●高血圧●胃・十二指腸潰瘍●脳梗塞●喘息●糖尿病

などです。これらの病気は、「死」に直結することもありますので、罹患者は今すぐにタバコを断ってください。

タバコ雑学それぞれ

・タバコの煙に含まれる化学物質
約3,000種類あり、そのうち有害物質は200〜300種類、特に有害なのがタール、ニコチン、一酸化炭素などです。

・タールの蓄積量
1本のタバコに平均約15mgのタールが含まれていますが、1日20本の割合で約50年吸うと、コップに30杯位もの量になります。

・タバコの煙に含まれる一酸化炭素の量
純粋なタバコの煙に含まれている一酸化炭素の量は、1万〜4万PPMといわれます。ちなみに室内や窓の外の空気中の一酸化炭素の量は、1PPM、環境基準は10PPM以下。
肺に達するまでに空気で薄められ、肺の中では100PPM位になりますが、それでも環境基準の10倍と非常に高い数値となっています。

・タバコによって引き起こされる害
タバコによって引き起こされる害は30種類。近年明らかにされた白内障、歯周病などの健康影響を加えると50種類にも及ぶとされています。
内訳としては、ガン−肺ガン、咽頭ガンなど10種、循環器疾患−血管収縮、心筋梗塞、狭心症、脳卒中など、消化器系−胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食欲低下など、妊娠合併症、ビタミンCの破壊、免疫機能の低下、善玉コレステロールの減少、運動機能の低下、知的能力の低下、寿命の短縮、タバコ代による経済的消失などが挙げられます。

・喫煙によって肺ガンに罹ったとされる人の割合
約70%とされています。アメリカやイギリスなどでは、肺ガンの原因の80〜90%がタバコであるとされています。

・禁煙後に肺がキレイになる年数
ヘビースモーカーだと約10年の期間が必要だとされています。心臓に対する影響は1年くらいで、血圧の上昇や脈拍数の増加、血管の収縮などはその日のうちに消えます。また、ニコチンも1〜2日ほどで完全に排出されます。

・タバコ1日20本でどれくらい寿命が縮むのか?
ある医者が調べたデータでは、タバコ1本あたり5分30秒の割合で寿命が短くなっているといわれています。1日に概算すると1日20本では110分となります。

・夫がタバコを吸う場合の妻の肺ガンの発症率は?
夫婦ともに吸わない場合と比べて約1.5倍高くなります。また、夫婦ともにタバコを吸うとしたら、約5倍もの確率になります。

(WHO調査結果による)

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ