すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.5

Vol.5 食生活をより豊かに 食べ合わせを考える

昔から「バランスのよい食事を取りましょう」とよく言われます。それはバランスが取れた食事を心がけることによって、体に必要な栄養素を万遍なく取り入れることができるからです。体内に入った栄養素は、お互いに助け合いながら、その役割を果たしますが、実はそれぞれの食品に相性があり、うまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。しかし反対に食品の相性が悪いと、胃腸障害や消化不良など逆効果を招くこともあります。そこで今回は、食べ合わせについて特集しました。

その他の相性のよい食べ合わせ

大豆+昆布

大豆の植物性タンパク質と昆布のミネラルがお互いの効用を高めるとされます。

鶏肉+ユリ根

鶏肉は体力アップに効果的で、ユリ根も滋養強壮作用があることから、相乗効果があるとされています。特にお腹の具合が悪く、精神的に不安定な時に役立つといいます。

トマトジュース+レモン

トマトジュースにレモンを加えることでビタミンCが増え、相乗効果が生まれるとされています。

納豆+卵

納豆に含まれるタンパク質の利用効率が卵を加えることで大幅に良くなるといわれています。

冷や奴+ネギ

胃を冷やす冷や奴には、胃腸を温める働きのあるネギと一緒に食べると良いとされます。

効果的な食べ合わせ調理法あれこれ

かぜ予防

ウナギと小松菜の卵とじ

小松菜に含まれるビタミンAとビタミンCが皮膚や粘膜を正常に保ち、抵抗力をつけ、ウナギや卵に含まれているタンパク質が体調を改善します。

鶏肉とアスパラガスの妙め物

アスパラガスに含まれるビタミンAとビタミンCが皮膚や粘膜を正常に保ち、抵抗力をつけ、鶏肉に含まれるタンパク質で体調を改善します。

便秘

タケノコスープ

タケノコに含まれる食物繊維が腸壁を刺激して大腸の蠕動運動を活発にします。油脂や水分不足からも便秘になるので、ごま油の油脂やスープの水分で油脂・水分を補給します。

ブロッコリーのヨーグルト和え

ブロッコリーに含まれる食物繊維が腸壁を刺激して大腸の蠕動運動を活発にし、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が整腸作用を促して便秘を改善します。

高血圧

モロヘイヤとジャガイモのスープ

モロへイヤに含まれるクエルセチンというフラボノイドには、毛細血管を強くする作用があり、高血圧の予防には効果的。さらにジャガイモのカリウムには余分な塩分を体外に排泄する働きがあるとされます。

焼きサンマとワカメサラダ

サンマに含まれるタンパク質とワカメに含まれるビタミンCが血管を強くして、ワカメに含まれるカリウムが余分な塩分を体外へ排泄します。

動脈硬化

牛肉とトウモロコシのグラタン

牛肉や牛乳に含まれるカルシウムは血中コレステロールを下げ、動脈硬化を防ぐ作用があります。トウモロコシに含まれるビタミンCとEは血管を強化し、不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、血行を良くします。

アサリや卵・ピーマン・ネギの妙め物

卵、ピーマンに含まれるビタミンEが血行を促し、アサリやネギに含まれるカルシウムが血中コレステロールを下げます。

相性が良くないとされる食べ合わせ

ウナギ+梅干し

ウナギを食べたあとに酸っぱい梅干しを食べて口の中がすっきりすると、ついつい食べ過ぎてしまうので、食べ過ぎの戒めの意味で悪い食べ合わせにされたようです。

天ぷら+かき氷・アイスクリーム

夏場で胃腸が弱っているところへ脂肪分が多く消化の悪い天ぷらを食べたあとに、かき氷やアイスクリームを食べて胃腸を冷やすと、さらに消化能力が弱くなるためです。

そば+タニシ

ほとんどかまずに食べるそばと、硬くて消化の悪いタニシを一緒に食べると一層、消化が悪くなります。

このほかに、ゴボウ+鮎、あずきご飯+フグ、マツタケ+アサリ、タケノコ+黒砂糖なども相性の良くない食べ合わせとされています。

Vol.5

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ