すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

Vol.4

Vol.4 たかが水、されど水 水と人間の関係

日本は年間の降水量が世界平均の2倍近くあり、非常に水に恵まれた国といえます。そのため、水は蛇口をひねればいつでも使え、飲料水に困ることもほとんどありません。しかし近年では、国内をはじめ世界各国の天然水を使用した「・・の水」や「・・の名水」といった、いわゆる「ミネラルウォーター」が当たり前のように店頭で販売されるようになりました。
ミネラルウォーターは、1980年代に入り、日本で初めて大々的に発売されたのですが、その後、順調に売上を伸ばし、最近では国民1人当たりのミネラルウォーターの年間消費量は約20リットルと10年前の約3倍以上となっており、特に大都市ではミネラルウォーターの利用が一般的になっています。このような背景には、水道水の塩素の匂いなどの問題とともに、どうせ飲むのであればより健康に良い成分を多く含む水を飲用したい、という願望も少なからずあるようです。
毎日必ず利用するものだからこそ、もう一度考えて見たい「水」。今回のすこやかネットでは、この水についてスポットを当ててみようと思います。

注目されるさまざまな水

ミネラルウォーターの種類

今やコンビニ・量販店でミネラルウォーターが陳列されていないところはないというほど、至るところでミネラルウォーターを目にするようになりました。

しかし、そのミネラルウォーターに種類があることは、あまり知られてはいないのではないでしょうか。

ミネラルウォーターには「ナチュラルウォーター」、「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」の4種類があり、これらはあくまでも日本における製造方法の分類になります。また、この分類は農林水産省の「ミネラルウォーターの品質表示ガイドライン」で紹介されています。

分類の詳細は次のとおり。

種類 原水 処理方法
ナチュラルウォーター 特定水源より採取された地下水 ろ過、沈殿、
加熱殺菌に限る
ナチュラル
ミネラルウォーター
特定水源より採取された地下水のうち、地下でミネラル分が溶け出したもの ろ過、沈殿、
加熱殺菌に限る
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ ろ過、沈殿、加熱殺菌以外に次の処理を行ったもの(複数の原水を混合、ミネラル分の添加など)
ボトルドウォーター 飲用に適した水(純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など) 特に処理方法の規定はなし

農林水産省:ミネラルウォーターの表示ガイドラインによる

海洋深層水

海洋深層水の一般的な定義としては、太陽の光が届かない水深200メートル以上のところにある海水の総称を指します。なお、海洋深層水は、北太平洋の「プルーム」と呼ばれるところが始まりとされており、このプルームから沈んだ水が約2000年もの間、深海を循環しているのです。

海洋深層水には3大特性といわれているものがあり、「低温安定性」「富栄養性」「清浄性」が挙げられます。

低温安定性とは、光が届かない深層にあるのに加え、「水温躍層」と呼ばれる、急に水温が冷たくなる境界よりも下にあるため、常に低温を保ち、なおかつ温度などの変化がほとんどないので水質が非常に安定していることです。

富栄養性とは、窒素やケイ素といった養分が深層では消費されないため(植物プランクトンがいないため)、そのままの栄養分がたっぷり含まれているからです。

清浄性とは、海の表層部分と違い、大気からの影響を受けず、また、太陽の光が届かないことから、食物プランクトンが生息できず、寄生虫や微生物が繁殖できない環境となり、きれいな水となるのです。

また、海洋深層水にはミネラル分が豊富に含まれ、そのミネラルは人間の血液に近いといわれています。加えて、最近の研究から、アトピー性皮膚炎などに効果があるとの報告もあります。

ミネラル炭酸水

ミネラル炭酸水とは、最近、若い女性の間で話題となっている、地中の天然の炭酸ガスとミネラルウォーターが結合した水のことをいいます。これは石灰層が多い地域、特にヨーロッパによく見られます。

水の硬度は硬水のため、独特の味があります。分かりやすく表現すると、何も混ぜていない炭酸水を飲んだ時の味に似ています。

ミネラル炭酸水は、スポーツ後のミネラルの補給、筋肉の疲労回復、肩こりや筋肉の弛緩、血流の促進、冷え性、便秘解消などに効果を現わします。主に血流・消化機能改善に役立つ水として注目を集めています。

水道水あれこれ

水道水を美味しくするには?

水道水は美味しくない、と皆さんは思っていませんか?それは、水道水を消毒する時に使用する塩素の影響が大きいからです。いわゆる「カルキ臭さ」といわれるものですが、水道水を美味しくするためにはどのような方法があるのでしょうか。次にいくつかの例を挙げてみました。

汲み置き

熱帯魚やメダカなど、水槽で生物を飼っている人ならご存じだと思いますが、水を汲み置きすることで、水道水を美味しくすることができます。

これは、塩素を蒸発させてカルキ臭さを取り除くことができるからです。塩素を蒸発させるようにフタのない容器に水道水を入れ、一晩置くだけで塩素の量を半分にすることができます。

沸騰させる

塩素を水道水から蒸発させるために、水道水を沸騰させることも1つの手です。一晩、汲み置きした水が美味しく感じるように、沸騰させ、塩素を飛ばすことで水道水を美味しくすることができます。

炭を入れる

炭は塩素などを吸収する作用を持っているので、この作用を活かして水道水に炭を入れ、しばらく放置するとカルキ臭さが取れ、美味しい水となります。しかし、炭の匂いが移る可能性もありますので、飲む時に果汁エキスなどを入れるとより美味しくなるでしょう。

冷やす、運動する

これは、人間の心理状態に訴えかけるものです。冷たい水を飲んだ時、また、運動して汗をかいた時、そのような時に飲んだ水が、非常に美味しく感じたことはありませんか。決して水道水自体が美味しくなったわけではありませんが、これも水道水を美味しくする1つのテクニックといえます。

水道水は虫歯に効果的?


世界一とも称される
日本の水道水

水道水が虫歯に効果的といわれてもピンと来ないかと思いますが、さまざまな研究から、低濃度のフッ素を含んだ飲料水には虫歯予防の効果があることは昔から知られていたのです。また、歯磨き粉にフッ素配合の製品が多くあることからも、虫歯予防の効果があるということを窺い知ることができます。

実際、日本以外の国では、国の方針として水道水に低濃度のフッ素を混入し、虫歯予防に役立てているところもあるのです。

ところが、フッ素は元が化学薬品である以上、大量に摂取すれば身体に悪影響を及ぼすことは明白です。実際、日本でも低濃度のフッ素を含んだ水道水を飲んだことにより、さまざまな健康被害を引き起こしているのも事実。この辺の事情から、日本では諸外国のように低濃度のフッ素を含んだ水道水を禁止しています。

しかし、最近になり沖縄県のとある地域で実施計画が持ち上がり、注目されるところです。

Vol.1

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ