生産系

生産技術

O.K O.K

2009年入社
修士工学資源学研究科 環境物質工学専攻修了
大館工場 第一製造部所属

学生時代の専攻と、現在の仕事内容を教えてください。
学生時代は、無機・有機化学から物理・生物まで幅広く学び、研究は細胞や遺伝子組換え操作を用いて、細胞内の蛋白質の機能を解明していました。
現在は、人工臓器関係のお仕事に携わっています。
休日は何をして過ごしていますか?
・チェロ(大学から始めたチェロを弾いて楽しんでいます。大館に楽団がないのが残念!)
・旅行(時間を見つけては、ぶらり旅に出かけています)
・料理(あまり上手ではないのですが、いい気分転換になります)
・その他(最近は実家の畑のリンゴもぎを手伝っていますが、自家栽培のものは何を食べても美味しいので、いつかは自分の畑をもちたいなーと思っているところです)
ニプロに入社を決めた理由を教えてください。
学生のころ、身近な人の看護を通じて、病気を早く治して家に帰りたいという患者さんの思いを痛感しました。その経験から、患者さんの健康と笑顔を取り戻せる医療機器を通じて患者さんを支えていきたい、また自分も医療機器の開発に貢献したいと思うようになり、新規製品の開発に挑戦し続けているニプロの挑戦魂に魅かれ、入社を決めました。
入社してみての感想は?
一生この会社で人を救い続けていきたいと感じています。私が所属している部署は、循環器系の患者さんに使用される医療機器の製造・開発を行っていますが、患者さんの生命に直接関係する製品でもあるため、細心の注意が必要です。そのため、どのように製造すれば良品ができるのか、問題になるのは何なのかを上司や先輩と話し合って決めていく必要がありますが、皆さんがとても良い人なので、沢山のアドバイスをいただくことができ、仕事を進めやすいですし、やりがいもあります。また、生産に携わっている方々も、製品に真剣に向き合っているため、製品の問題を一緒に考えたり教えていただいたりと、皆で協力して製品を製造している環境なので、素晴らしい部署であると感じています。
個人でのやりがいは勿論のこと、チームとしてやり遂げていく達成感も得られますので、毎日が充実しているなーと思う今日このごろです。
学生のうちに、これだけはしておけばよかったと思っていることは?
ほぼやりきった感がありますが、留学はしておけば良かったと思います。長期間海外に滞在できる学生時代の特権でもあると思いますので、海外の文化を知る良い機会だったなと思います。
就職活動中の後輩に一言、お願いします。
就職活動中は、多くの壁にぶつかることがあると思いますが、自分を作らず、素のままの自分を見つけてください。素のままの自分が何をしたいのかをハッキリとさせて、会社のことを知り、面接に臨めば、きっと自分に合った会社に巡り会えるはずです。応援しています!そしてニプロで待っています!!

今日のスケジュール

時刻内容
7:00起床。ZIPを見れば手が止まると注意されながらご飯を食べる
8:15出社。担当製品の原材料の重合を開始する。学生時代にも使った機器で実施。懐かしい気分になります
11:00製造に必要な記録書のフォーマットをパソコンで作成します
書類が多いため、自然とブラインドタッチができるようになります
12:00昼食。280円の定食ですが、メニューも豊富でお腹いっぱいになれます
12:45重合がうまくいっていることを確認して、1ヶ月の生産計画を先輩と相談しながら決めます。予定している出荷に間に合わせるために何を準備しなければならないかをピックアップして、取りかかります。正念場です
15:00作成した記録書を上司に見せて、確認していただきます。この時点で2回の指摘(チェック)が入り、記録書も完成形に近づきます
17:00重合後のポリマーを回収し、次工程に渡して一日の作業終了です
18:00重合の報告書を作成します。毎日行ったことを記録に残していき、何かあったときに振り返れるようにしておきます
19:00予定している出荷に向けて必要な書類の作成に取りかかります。ここ最近は、日中が作業で、夜に書類を作成しています
20:45先輩と共に帰宅。今日もお疲れ様でした!飯でも食べに行きましょう☆
21:30晩ご飯を食べて、気晴らしにドライブへ
22:30帰宅
23:30この時間になると自然に眠くなり、就寝。さあ、明日も頑張ろう!

ページのトップへ